2007年12月31日

大晦日

木漏れ日 20071231

今年11月に、農園に戻り、慣れない農作業をしながら、当サイトを立ち上げ、
多くの皆様に覗いて頂く事ができました。
励ましのお言葉、ご感想のメール等頂き、誠にありがとうございます。

今まで、こんなに心奮えた年はありませんでした。
この先、☆が歩んでいく道の大きな一歩を踏み出せた気が致します。
その一歩を踏み出すまでに、いろいろ考え悩み遠回りをしたお陰で
応援してくださる心強い皆様に出逢えました。
皆様のお力添えあっての一歩です。
深く心より感謝申し上げます。

今年は、バタバタと過ぎてしまいましたが、
来年は「地に足を着けて、じっくり学び、考え、やりたい事をもう一歩踏み出す」
年にしたいと思っています。

本年は、大変、たいへんお世話になりました。
来年も、「天宮農園」を見守ってくださいますよう、
よろしくお願い致します。

皆様にとって、素敵な一年になりますように。(祈)

良いお年をお迎えくださいませ。

                    
                     2007年12月大晦日 ・・・ ☆

炭が焼きあがりました!

窯の中に園主がいます。 炭完成!
2007年12月28日

モヤっと

モヤッとブロッコ(?)
2007年12月27日

師走らしい師走です

今年の師走は、例年以上にバタバタです。
今年は柿の収獲が遅れ、渋抜きも遅れ、販売開始も遅れ、
押せ押せになってしまった為、年越しの準備が間に合いません。

本当は、28日が29日に餅つきの予定でしたが、柿売りで忙しい為
餅つき中止。
お餅をつかないなんて・・☆の記憶では初めてのような気がします。

喪中なので・・という後付の理由を付けて、今年はあきらめます。
おじいがいれば・・「餅はつけ。」と言ってくれそうな気がするのですが・・
断念です。
そして、御節も手抜き。
せめて、松前漬けと、なますくらいはと思っております。

その代わり、大掃除は、頑張ります。
戸、窓ふき、20枚以上を両面。
軒下、天井の煤払い。床掃除は大方終わりました。
先輩が柿売りの時は☆が大掃除。
☆が柿売りの時は先輩がというように、交代で。
田舎のうちというのは・・無駄に広い。きりが無い。
あとは、座敷、キッチン、お風呂、トイレが残っています。
間に合うかな・・。障子の張替えは来年の夏に持ち越しです。

園主は自分の仕事をマペースに。
(掃除なんて、男の仕事ではないと思っています・・)

今年、久しぶりに本格的な大掃除をして、
子供の頃を思い出しました。
一人で、窓を拭いていれば、昔は片面づつ兄妹で拭いたなぁ・・。
・・とか。
すごく懐かしかったんです。

お勤めをしていると、家族総出で大掃除をする時間なんて取れないと思います。
今、どれだけのお子が大掃除のお手伝いをしてるのでしょうか・・。
大変だけど、結構楽しいのに・・。大人になって、楽しい思い出として
蘇ってきたりするのに。
「ゆとり教育。ゆとり・・・?ゆとり。」
まず、大人にゆとりが必要なのかな・・。
「大掃除を家族総出でやろう!」と思えるゆとり。
あれだけ体を動かせば、仕事の事、お勉強の事、ちょっとした悩み事を
忘れて、キレイにする事に夢中になってきます。
そして、キレイになった時、心もすっきりキレイになる気がします。
そこに、ちょっと「ゆとり」が生まれてくる気がするんです。
年末の3日間、「大掃除休み」大掃除をしなければいけない日。
法律で決めちゃえばいいのに。
国中大掃除。会社もお店もぜ~んぶお休み!
日本中、埃だらけ!

っと、また大きな妄想をしながら、煤払いをしました。
さぁて、もう一息!
すっきりと、清清しく新しい年を迎えましょう!

ひもくるりん(雑誌を紐でくくるときの必須アイテム) 東京出張時、東急ハンズの実演販売にて購入。 引っ掛けてクルクル回すだけで、しっかり紐が結べます。

あ、年越しの為のお買い物もお忘れなく!
りんごやみかんに飽きたなら、天宮の百匁柿!
只今販売中です。

12/31~1/3のお届けも可能です。

商品へ↓
商品へ


2007年12月26日

チヨちゃん

柿を売っていると、農園の中を何やら遊園地にありそうな
乗り物が、ゴトゴトやってきました。

ちよちゃん


この素敵な乗り物に乗ってやってきたのが、
チヨちゃん。(ん~たまらん!かわいい。思わず撮影。)

荷台に柿を乗せ、颯爽と立ち去るチヨちゃん

毎年、柿の収獲や、梅の収獲を手伝ってくださる大先輩方のうちのお一人。

収獲時、10時と15時は「お茶」の時間です。
「上のケイコさん(近日登場予定)」との掛け合いが絶妙。
ちゃきちゃきっと元気なチヨちゃん。
今年もお世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願いします。

そろそろ百匁柿の販売が終了いたします。
お正月の「くだもの」ご準備されましたか?
12月31日以降から1月3日までのお届け日のご指定
承っております。
お早めにご注文下さい。

商品へ↓
商品へ

2007年12月25日

醜態

毎日柿を、道の駅や物産センターに出しています。
搬送係として、お勤めをリタイヤした伯父と伯母にお願いしておりました。
園主の梅の剪定もひと段落したので、明日からは園主が運びます。

寒い中20日間も毎日朝早くから、夕方遅くまでありがとうございました。
柿が売れ残ってしまった時などに、責任を感じて落ち込んでは、
農園の写真や説明文などの看板を作ってくださったりと、
意欲的に取り組んで頂きました。
心身共に負担をかけてしまった事、大変申し訳なく思っております。

そして、本当に助かりました。
ありがとうございます。

という気持ちを込めて、慰労会。
園主、昨日から楽しみで仕方がありません。
(伯父と飲みたくて飲みたくて仕方がないのです。)
いつの間に用意したのか、生きたホタテと牡蠣。
夕方、柿売りが終わっていない☆に、「おー、もう炭おこせや。貝焼くから。」
☆黙々と作業。
仕方なく、先輩に火鉢に炭を熾させ、自分は熱燗の準備。
(容量3Lのラグビー部やかんに、心おきなく一升注ぎ火にかけます。)
あとは、伯父、伯母を待つだけ。
園主ウキウキです。

楽しい宴が始まり、園主と伯父二人で一升半
(比率 園主:伯父=一升:半)
宴も闌。
伯父が帰ってしまうのを名残惜しく見送った園主、
土間に足を放り出し即ダウン。
こちらで片付けをしていると、、、「あっぢいぃ!」と
園主の声。
どうしたのかと振り返ると、園主の右足靴下のつま先に直径3cmの穴が・・。

焼き足りず、己のつま先焼く園主 (☆心の俳句)

阿呆です。本当に。

挙句の果てに、先輩に向かって「なんで早く氷持ってこね~んだ!」と
キレています。その酔っ払いを相手に先輩も怒。
手におえません。

おやすみなさい。

モトイ、伯父様、伯母様本当にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。
どうぞ、お体ご自愛下さいませ。

2007年12月24日

Merry Christmas!!

今日は月明かりの下で本が読めそうな聖夜です。


松井朝敬さんのウクレレを聴いています。
冬ですが、イヴですが「ウクレレ」。
好きなんです。ポロポロ~っとゆったり軽やかに。
緩みたいときに。

月明かりの下にいるような柔らかい時間の流れるカフェの店長がら頂いた
「情け島」(お父さんの方)を飲んでいます。イヴですが、焼酎です。


merry christmas!!

x'mas カラー

しっとり大人色

立膝はついていません。

2007年12月22日

冬至

今日は冬至。
さすがです。芯から冷えます。
カボチャを食べて、ゆず湯に入って、
体も中から冬仕度をする日です。

冬至のことをすっかり忘れていた為、
採っておいた柚子は、蜂蜜漬けと、ゆずピールにしてしまいました。

今年は柚子湯断念。

無事、冬が越せますように(祈)

写真だけ拝んでおきます。↓
今度は脚立に登って、こんなに収獲!

2007年12月11日

キクエさん

「ぃやだよ~。オレダメなんだって~!」
「そういうのダメだって~!☆ちゃん、やめて~」といいながら、
嬉しそうに、ポーズをとり、写真用の顔を作ってくれました(笑)
きくえさんパイポーズ

☆が物覚えついた時から、毎日農園の手伝いに来てくださっていた大御所です。
今は、天宮の仕事はご引退されて、ご自分の田畑で、お米、野菜をた~くさん
作っています。

お話好きでリアクションが大きいとびっきり明るいおばあちゃん。

いつもピンクの自転車でチャリチャリと、お茶のみ仲間のお宅に出かけます。
いつまでもお元気で。

今日は、柿を買いに来て、前のカゴと後の荷台に沢山積んだので、
自転車は押して帰ります。

ピンクの自転車を押して帰るキクエさん


只今、百匁柿(ひゃくめがき)販売中です。

12月16日の20時で、一端受付を終了いたします。
第二次収獲分の販売もする予定ですが、開封して見ない事には
販売できるか分かりません。
お早めにご予約くださいませ。

商品へ↓
商品へ

2007年12月 9日

詠み物のお供に

詩を詠む

隠居で昭和4年の年月が記されている小冊子を見つけたとき、
これはなぁに?とおじいに尋ねました。
おじい「昔、今みたいにテレビやラジオなんかが無かった時代に、
夜、やることがない若い衆が道場に集まって、詩をこしらえて遊んでたんだ。」
「今で言う、川柳みたいなもんだな。」

内容は、昔の言葉で分からない部分もありますが、
‘不景気‘や‘貧困‘‘農民の誇り‘‘農業の辛さ’等がテーマになっていて、
重いイメージですが、ユニークで明るくて、結果楽しくなる詩ばかり。
全部、おじいに解説してもらいましたが・・具体的にはあまり覚えておらず・・。
解説できないのですが・・。

昔の生活の、(現代の生活には不足している気がしてしまう)
‘趣‘と‘心にゆとり‘が見える一冊でした。

この時間が、おじいとのゆっくり話した最後のひと時。
去年のお盆休みに帰省した時のことでした。


只今、百匁柿(ひゃくめがき)販売中です。

12/10以降到着の日時指定承ります。
第一次収獲分の受付は間もなく終了致します。
お早めにご予約くださいませ。

商品へ↓
商品へ

きらきら

昨日まで、萌えるような赤いもみじが、本日の強風でぜ~んぶ散ってしまいました。
柿の荷造りをしながらふと、裏山を見上げると、きらきらっきらきら!と・・
今日そんなに寒くないのに雪かな?と思ったら、もみじの葉っぱが朝日に照らされ、
金色に光をおびて舞っていました。

裏山がいっきに冬になってしまいました。

☆の一番好きな季節が終わってしまいました。

2007年12月 3日

どんぐり警報

「11月前半、天宮農園の母屋近辺のお天気です。」

「風のち、どんぐり。」

「強風の日は特にご注意下さい。」
「又、落ちたどんぐりは、時折すべるので更にご注意を。」

どんぐりころころ

今年、☆は、4回くらいどんぐり被害に遭いました。
結構痛いんです。突然降ってくるどんぐり。
この樫の木の下には、きっと住んでます。
そんな気がします。
トトロ的な何者かが・・。

樹齢90年くらい?

只今、百匁柿(ひゃくめがき)販売予約受付中です。

12/7(金)以降の発送となります。

商品へ↓
商品へ


2007年12月 2日

続・大根

只今、百匁柿(ひゃくめがき)販売予約受付中です。

12/7(金)以降の発送となります。

商品へ↓
商品へ

今日は先日干した大根のたくあん漬け。

しょぼしょぼ 吊るしていた大根が、しょぼしょぼになっったので、大根の葉っぱから、切り落とし、大きな樽に漬け込みます。 ぱらぱらぱら 塩を先輩の手で山盛り2杯くらい樽に入れ、両端を切り落とした大根を隙間なく、みっしり並べます。その上に、塩。(先輩の手で山盛り2杯)まんべんなくふり、次にザラメ。(先輩の手で普通盛り2杯)次は唐辛子適量。(ちぎって入れます) 昆布適量。(一センチ幅に切ったもの) 米ぬか 最後に、昨日先輩が精米してでた米ぬかを大根が隠れるくらいいれます。 大根の葉っぱ これを、繰り返し全部大根が納まったら、最後に、さっき切り取った大根の葉っぱを上に覆います。 (大根が表面に浮いてこないようにだそうです。)


先輩と畑仕事や、漬物漬けなどをしていると、
自然におばあちゃんの話になります。
畑というのは、先輩とおばあちゃんとの神聖な場所なんだと思います。
二人は、それなりに、嫁と姑の関係でした。
長年何かしら、お互い気を使っていたと思います。
畑仕事や、漬物作りをしながら、いろいろ教え、教わり、
いろいろ話して、二人の共同作業の時間がだんだんに距離を縮めて、
嫁と姑の関係が出来る。
親子でもない、親戚でもない、友達でもない、嫁姑の関係。
ちょっと、憧れます。
ここは、☆がいる場所ではないのかな・・と、
思ったりもします。
きっと先輩も、息子のお嫁さんと畑仕事がしたいのでは・・と・・。


商品へ

2007年12月 1日

白菜漬け

白菜10玉分! 使わなくなった、石臼を重石に。。 石臼


重い・・。

☆味見担当。白菜甘い!

只今、百匁柿(ひゃくめがき)販売予約受付中です。

12/7(金)以降の発送となります。

商品へ↓
商品へ

このページの上へ