2008年4月30日

いっきに

「筍汁作れや~」と言って、園主が掘ってきます。
筍

春子の収獲も落ち着き、しいたけの菌入れもひと段落。
晴天でしたが、つかの間のお休み。

春は、恐ろしい。
なんでも一気にやってくる。
春子の収獲をして、菌入れをして、
すももの受粉木から花粉をとり、花粉の散布。
ぜんまい、わらび、木の芽、たらぼ、シドキ・・etc
山の宝山菜がいっせいに出てきて、
仕事が終わってから、山菜採り。
帰ってきて、夕ご飯を食べてから、ぜんまいの下処理。

先輩の口癖「忙しくて目が回りそう」を、口にしてしまいそうになりました。
そんなこんなで、本日、
しばらく更新しておりませんでしたブログ等をいっきに更新いたしました(笑)
いろんな事がありすぎて、夏休みの絵日記を書くように・・
思い出しながら・・あれはいつだっけ・・・
日付はなんとなくです。

よろしければ、遡って覗いてみてください。

たんぽぽ
「たんぽぽのわたが耳に入ると~耳つんぼになるんだよ~」
子供の頃の迷信です。

2008年4月29日

message for MISOYAsan

message1

これが玄関に。
(これで分かるか?お味噌屋さん・・・・・・・)
味噌部屋の方を振り向くと・・・

message2

by先輩

2008年4月28日

土間で

夕方、ぜんまいのホダ(わた)をとっていると、
自分の手が急に真っ赤に染まってきました。
ぜんまいのアクに手が負けたのかと、
一瞬焦りましたが・・

真っ赤でした

真っ赤な夕日でした。

2008年4月27日

春卓

春子 たらぼ 木の芽 筍 春の食卓。 春の恵みは一気に出てきます。 食べるのが追いつきません。
2008年4月26日

枝垂桜

しだれざくら 枝を切り、それを植えると、根がつくそうです。
2008年4月25日

つつじの仲間

やっぱり蕾が好きなんです
2008年4月22日

春の花壇といえば
2008年4月11日

湯切り

葉わさびのあく抜き

葉わさびがおいしい季節です。
☆家の殿様、園主は、この「わさび漬け」と「いかの塩辛」だけは自分で作ります。
(両方とも、肴です)

80度に沸かしたお湯を、葉わさびにかけて、あく抜きをします。
すぐに冷やして、醤油を絡め密閉容器にいれて、しばらく置くと、
ツーンと、鼻を通り目に刺激。泣くほど辛いわさび漬けの出来上がり。

納豆に入れ混ぜて、ご飯で頂くのが最高でございます。

2008年4月 8日

今日はしっかり

雨です。
こう、はっきりしっかり降ってくれるとありがたい。
雨の音を聞きながら、ゆっくり寝ていられます。

家族が皆出払って、本当に久しぶりに
一人暮らし気分です。

音楽をかけ、
自分が食べたいものを、ゆっくり作って。

コーヒーを淹れて、
外は雨です。
ニンマリです。

お勤めの時、どしゃ降りの日の朝は
これから、雨に濡れながら会社に辿りつくまでの
出勤路を思い、布団の中でひとり駄々をこねたものでした。

こんなに大雨が好きになるなんて。
未だ農家の仕事、時間の流れに体が慣れませんが、
「雨の日は休み」という都合のいい事だけ
すぐ覚えます。


そして初物の春子をみて
またニンマリです。
さっき食べたばかりなのに、また作り出します。

初物です


春子(乾燥しいたけ)


パスタにも

干ししいたけをどう扱っていいか分からないという方が結構いらっしゃるのではないでしょうか?
戻してしまえば、生シイタケと同じです。
しいたけステーキにも、煮物にも、炒め物にも、佃煮でも何でも使えます。
揚げ物にするときは、よ~く水気を絞らないと、揚げるときにキケンですが・・。
(絞りすぎると、カラカラになりすぎでしまうので・・加減が難しいかな・・)

気をつけることは、水分。
生しいたけはしっかり水分を抱きかかえていますが、
戻した干ししいたけは、水分を吸っただけなので、
すぐ外にでてしまう。

ステーキにするとき、戻し汁を少し加えながら蒸し焼きにすると、
濃厚すぎるほどのてろ~んとしたステーキに仕上がります。

戻し方は、冷水でじっくり時間をかけて戻すのが一番です。
春子のような肉厚のものは、一晩水に浸した方がいいですね。

‘春子‘はまだまだ小さくて・・販売まではもう少しお時間が掛かりそうです。
4月20日過ぎになると思います。
今日の春子は、冬のうちに育ってしまった大きな自然もので、
ちょっと採り遅れて濃厚になりすぎたものです。
正確にいうと、冬子の採り忘れ・・です。
本物の春子はもうしばらくお待ち下さい。

2008年4月 6日

花壇

キュラス


ヒヤシンス


クリスマスローズ 八重

2008年4月 4日

これも

☆しいたけの茶碗蒸し

日本酒の上品な肴になります。
干ししいたけのペースト入りです。

ふかふか

みどり
2008年4月 3日

山の上から

五分咲き梅畑

杉林の中から
林の中から覗く梅畑

2008年4月 2日

菌入れが始まります

明日から、原木しいたけの菌入れです。

小さい頃の、1000コマ1000円のおこづかい稼ぎでした。

菌入れ、
20年ぶりくらいかな・・・。

飲んでる場合じゃありません。
そろそろ就寝。


‘あて‘があるなら、飲みましょう

干ししいたけです。(大きさの目安に、計量スプーンの大さじを置いてみました)
カラカラの干ししいたけ

冷水に一晩、浸します。

コロンと戻ったのわかりますか?

コロンと厚みが戻って来て、イシヅキも柔らかくなったらOK

スライスします。
お皿にのせます。
お酒をふります。
塩をふります。
蒸します。

葱と七味をのせたら出来上がり!

*戻し汁は、明日茶碗蒸しにでも。*

酒蒸し

お醤油又はポン酢で召し上がれ。
麹の香りが残る旬の生酒にあてがって。

このページの上へ