2008年7月31日

完熟梅の梅干し

完熟梅で梅干を漬ける

完熟梅  5kg
塩     750g(梅の15%)

柔らかい完熟梅は、塩でゴリゴリせずに、まんべんなく塗して軽めの重しをする。
1~2日で水が上がる。

カビが生えないように毎日混ぜながら、土用を待つ

かなりしょっぱいので、干す前の日に水に浸して塩抜きをし、
一端、火にかけ沸騰させました。

土用の炎天下に、ザルに広げて干しました。(お好みの具合になるまで)

こんな感じに出来上がり!
梅干2008

2008年7月22日

すもももももも

すもも。
だいぶ育ってきました。
今は、鳥に食べられてしまわないように、
鳥避けテープを流しています。

この「鳥避けテープ」すごいんです。
鳥が、苦しんでいる声・悲鳴が録音されており、
すももの木に近づかないように、昼間一日中流れています。
センサーで日が落ちると、自動的に止まり、
日が昇るとまだ鳴き出します。

テープを流し初めてからというもの、
家の周りでいたずらしていたカラスや、小鳥達が・・
山のほうへ移動しました。そして、遠くから何か訴えています。
以外に効くんだな~と感心していたところ・・


今日、すももの木を見に行くと、
赤くおいしそうになったすももが一個、鳥に食べられていました。
あれは・・本当に効果があるのか・・疑問です。

今はまだ、おいしくないのを知っているから、食べないだけで、
収獲時には、一気に襲いにくるのでは・・と。

というわけで、すももの収獲は、鳥との競争になりそうです。
被害がひどければ、ご予約頂いても、お送りできないかもしれません。
そして、お届け日はご指定いただけませんので、ご了承ください。

貴陽・ソルダム・太陽又は紫峰(シホウ)
3品種を、8月上旬にお裾分け販売しようと思っています。


貴陽0719
「貴陽」
すももの王さま。
大きいもので、ももと同じくらいの大きさになり、
酸味が少なく、甘みが強い。
最高級品です。
皮がアップルマンゴーのようなキレイな赤になり、
かじると、中は黄色のすももです。
すももの立ち居地を変える、奇跡のすもも。

300gを越える大きいものは、一本の木に
数えるくらいしかありませんので、
お早めにご予約ください。

一番大きいサイズのお値段は、ひとつ500~600円前後です。

紫峰


「紫峰(シホウ)」
形が紡錘、果実が大きく、果肉は淡黄色、果皮が紅紫色。
完熟にさせると、酸味は少なめで、甘みが強い。すももらしいしっかりした味わいです。


「太陽」
奇跡のすもも貴陽を生んだ親すもも。甘さ、酸味のバランスが絶妙。
これぞ、現代のすもも。


ソルダム
「ソルダム」
皮は青く、中身は真っ赤。
ソルダム独特の風味は、昔からのファンが多く、
一番の売れ筋。

さてさて、どれがお好みでしょうか?

食べなきゃ分からん!という方の為に、ききすももセット(2個づつ3種)販売予定。


2008年7月19日

桃太郎

桃太郎

酸味があって、水分たっぷり桃太郎!

叔父は、トマト農家。
今が最盛期。

摘果も終わって落ち着いたので、お手伝い~と思って
張り切って行ったら・・

「明日と明後日、市場休みだから。今日は採んねえな・・」
「これ、持ってけ」と、コンテナいっぱいの桃太郎。

なんだか・・貰いに行ったみたいで・・スミマセン。


トマトジャム


さすがに、食べきれないと思って・・
大きいとこ10個。贅沢に使ってジャムを作りました。
うちの梅とコラボです。
明日、お届けします。

2008年7月18日

人力車で日本一周!?

黒磯のhakoyaさんで珈琲豆を買い、帰りにスコーンでもと、
cafe SHOZO さんへ寄ると・・店先に、人力車・・・。

人力車で日本一周!

興味津々で近づくと、「人力車で日本一周!!」ですって!
お話を伺うと、「伊勢から、夢を運ぶ為、人力車で着ました。これから札幌あたりまで目指そうと思います」との事。

伊勢からやってきました! 夢を運んで、71日。 7月18日(金)夕方。

夢、頂きました!
頑張って!

たのしい

わからないけどたのしいならばいいともおもえないだあれあなたは

cafeにあった「サラダ記念日」

パラパラっと目で追って・・
ふと、目に留まった。

無理に楽しんでいたときが、
あったかもしれないな・・

やりたいことが見つかってからか・・
今、私は楽しい。

2008年7月14日

摘果

柿の花

柿の摘果が始まりました。

柿の花が沢山咲き、花が散った後に、花の数だけ実が生ります。
‘てきか‘とは、一枝に沢山生り過ぎた小さな実を、はさみでパチパチ落としていきます。
せっかく実った柿ですが、3/5は切り落とします。
これも、一個の柿が立派に大きくなるためと、柿の枝が折れてしまわないように。

「柿の木には、登るな」と言われた事がある方もいらっしゃるかと思います。
柿の枝は、しならず、簡単に折れてしまう。
2mの脚立の天辺に上り、つま先立ちになり、背・腕を限界まで伸ばして、やっと目当ての枝に
たどり着いて、ちょっと手前に引き寄・・、ポキッ!えぇー。
時には、脚立の上で、’イナバウアー’で、完全に伸ばしきった左手で枝をキャッチ!ポキ!
えぇー!もうちょっとしなって頑張ってよ・・。伸ばした甲斐がないじゃない・・。
それより何より、危ないっ!34℃の炎天下の元、汗だくになり、朦朧となっているなかで・・
冷や汗もかく。

ご近所の大先輩5人と、園主・先輩・☆の計8名で、1本の大きな柿木の摘果に最低15分は掛かる。
一本の木に、おのおの脚立を抱え8人。よってたかる。

あの炎天下を乗り越えられたのは、またしても大先輩の底抜けの明るさ、たくましさ、ハイセンストークのおかげです。

そして無事に、7/18(金)am摘果終了。
お疲れさまでした!

2008年7月13日

青空な市場となりました

青空市場 by山口裕朗撮影:写心家 山口裕朗


本日は、暑い中、青空市場までおこしくださり、
誠にありがとうございました。

HPを見ていらっしゃって頂いたお客様、久しぶりにお会いできた皆様方と、
お顔を合わせてお話ができてとても楽しい時間が過ごせました。

梅酒キットを買ってくださった、皆様、梅酒はもう漬けられましたか?
皆さんどんなお酒でつけられたのかな~?
お一人おひとり、お顔を思い浮かべています。^^
直接お顔を見て、お話して手から手へお渡しできることは、市場の醍醐味です。
こうやって余韻も楽しめる。

うちの春子は、どんなお料理になって、食卓に並ぶのかな・・
試食でお出しした、春子ステーキ、作ってくれるかな~。

市場、癖になりそうです。
また、参加させていただきたいと思っておりますので、
皆様、また数ヶ月後、お会いいたしましょう!


みなみなさまのおかげさま

そして、今回、市場に誘ってくださった、「倅(セガレ)」の皆さん、前日から、お世話になりっぱなしの、☆友の皆さん、いろいろ書きたいことはあるけど、何を書いても伝えきれない気持を一言に。

心を込めて「ありがとう」。

☆は幸せものです。

2008年7月10日

aozora

完熟手前の梅で梅酒を漬けよう!13日の青空市場の準備をしています。 イベントとは・・案外準備が大変なんですね・・。 でも、何だか楽しい事になりそうです。


セガレブースでは・・
・ゆできび(焼きとうもろこし?)
・一本まるまるキュウリの浅漬け
・ブルーベリー
・梅酒漬けキット(限定20個くらい)
  *☆が、‘初めての梅酒作り‘のデモをやります。
   梅酒つけてみたいと思っていらっしゃる方!お早めに起こし下さい。
・干し春子(干しいたけ)
  *お中元の受付も致します。
                         etc・・。

お客様とゆっくりお話できるイベントにしたいなと思っております。
是非、銀座にお買い物~ついでに立ち寄ってください。

お待ちしております。^^


2008年7月 7日

夏野菜

茄子&きゅうり

徐々に出来てきました。

今年のキュウリ、ボツボツが大きく、ゴーヤみたいな形の品種。
食べると、柔らかくておいしい!
塩で揉んで、もりもり食べてます。
夏野菜で、COOL DOWN!

さて、今日は七夕。
空を見上げてみたけど、
今年も見えないな・・
天の川。


栃木県北部は、雷が多いことで有名(?)です。
夏は、ほぼ毎日、夕立・雷・停電の3セット。
数年前、近所に大きな雷が落ちて、
家電製品、ボイラー等を、総取替えしたことがあります。

そして、昨日、その3セットのおかげで、電話が壊れました。
昨日のメールの返信等、遅くなりまして申し訳ありませんでした。
PC・FAX・プリンターは無事で良かった。

これから、夏の間、3時過ぎになると、電話が繋がらなく場合があります。
夕立・雷・停電の3セットの仕業だと思って、ご了承ください。


それ以来、家電製品をつなぐコンセントには、これ↓をつけています。
*農協から配られました。

雷ガード


一定以上の電圧が発生した場合、その以上電圧を吸収し、電気器具へは、
制限された低い電圧(制限電圧)のみ流れるそうです。

但し、直撃雷には、負けてしまうこともあるそうです。。。


2008年7月 6日

梅ジュース (梅シロップ)

梅ジュース

左から、果糖、上白糖、黒糖。
分量は、いずれも梅500gに対し砂糖400gくらい。
*果糖は甘みが強いので、300gくらいにしました。

果糖はすぐに溶けて、本当にきれいな透明のシロップになりました。
上白糖は溶けにくいようです。一緒に漬けたのに、まだ砂糖が沈殿しています。
黒糖ももうちょっと時間がかかりそうです。


個人的には、この蒸し暑く、だる~い、バテバテな時には、スッキリ飲みやすい果糖の
梅ジュースがお薦めです。
いろいろ漬けてみましたが、梅ジュースにも、やはりしっかりした青梅を使った方が、
酸味もあっておいしい。
完熟にしてしまうと、甘い香りはするのですが、ちょっと酸味がたりないかな・・と思ってしまう。

朝から暑い夏には、起きてすぐにウメジュースでスッキリさっぱり目が覚めます。
そして夏ばて防止に最適です。


2008年7月 3日

梅干

梅☆ 一番小さいサイズの青梅を漬けました。 そこそこ水が上がってきたのですが・・梅がかぶるくらいまで来ないのは・・なぜじゃ・・。 塩足りないかな・・。 梅ぼし 6kg漬けました かれこれ一週間前に漬けた梅、涼しいからかな・・・こちらも水が上がりきらない・・。

ダメになってしまわないよう、毎日、まぜています。


2008年7月 2日

招待状

那須少年記

“私たちが子どもだった頃にはその周りに尊敬できる大人が居たものだ。あんな大人になってみたい…と、憧れながら成長していったものだ。又、学校にも必ず尊敬できる先生が居た。たった一人でもいい、そんな素晴らしい先生とのめぐり合いが子どもの成長にとってかけがえのないものだ…。”と。

http://www.cinema-tohoku.co.jp/nasu/

このページの上へ