2008年10月29日

風に注意

樫

今年もやってきました。
どんぐり注意の季節が・・。

ちょっと風が吹くと・・
カン!カン!カラカラカラカラコロンコロンコロン・・・・・・
ザバーッ!

母屋の屋根に落ちたどんぐりが転がって軒下にザバ~ッと降って来ます。
傘をさして歩きたいくらいです。

屋根の傷みも早いらしい・・・。

明日はこの秋一番の寒さとの事。
風邪にも注意です。


2008年10月28日

一周年

天宮農園

今朝、天宮農園HPをデザイン、構築してくださった、Afterhoursの横田 茂さんからメールが。「ブログ一周年おめでとう!継続は力なり・・」と。
このブログを始めて、今日でちょうど一年経ちました。
☆のブログ、一年前の10月29日からスタートしています。
一年前、☆はまだ東京に住んでおりました。
時間の流れ方が違うからか、こっちに戻って3,4年経っている気がしています。
一年前のいろ~んな事、いろ~んな感動、いろ~な決意、いろ~んな気持ち、思いが一気に蘇って参りました。

「お誕生日おめでとう」と言われた感覚。
お誕生日よりも何やら充実感と、見ていてくれているという安心感がプラスされた、いろんな嬉しい気持です。
Webデザイナーのお仕事の枠を超えたプロ意識とお心配りに、この一年、支えられて参りました。
完璧な、アフターフォローに心より感謝申し上げます。

一年を振り返り反省することは多々ありますが、今日のところは祝一周年!
☆のとりとめもない内容のブログを毎日チェックしてくださっている皆様、たまに覗いて見てくださっている皆様、本日、初めて訪問してくださった皆様、本当にありがとうございます。

また一年、つらつらと、なんでもない事を書いて参りますので、どうぞ見守ってください。

2008年10月26日

たまねぎ

たまねぎ

種をまいておいた、たまねぎ。
一本一本植えていきます。
10cm間隔に風で飛んでしまいそうなくらい浅植え。

2008年10月25日

さつまりんご

サツマイモ&リンゴ叔母が作った、しっとりとした品種のサツマイモと、 道の駅で買ったリンゴで、ミルフィーユ。
2008年10月23日

柿の敵

tanso

炭そ病

黒いホクロのようなものが果実に現れ、健康な柿より早く熟し、落果します。
食べて甘いものもありますが、渋いまま完熟に。
9~11月に雨が多いと、広まります。
今年は、9月に雨が多く、広まってしまいました。

貝殻虫

貝殻虫 + すす病

真夏から、あんなに潰したのに・・・(涙)
潰しても潰しても・・
一匹いれば、何千匹にも増えるらしい。
こうなったらお手上げです。
写真の黒いススのようなものは、その名も「すす病」といい、
貝殻虫が樹液をすって、柿の実や葉に、蜜をだします。
その蜜にべと~っと「すす病」が発症するのです。
柿の実の味に別段変わりはないのですが、ここまで黒くなると、
やはり売り物にはなりません。


落葉病?

落葉病?
柿の木自体の病気。
周りの木はまだ青々とした葉っぱが沢山ついているのに対し
この木だけは、葉っぱが殆ど落ちてしまい、柿の実が未熟のまま色がついてしまっています。
この柿を取って、渋を抜けば、食べられますが、天宮農園の百匁の特徴であるカリカリした食感もイマイチで、香りに華やかさがなく、普通の甘さの普通の柿味です。
売り物にはなりません。


他にも敵は沢山います。

はくびしん、いのしし。
霜、雹。
etc.

うまく、敵と付き合っていく方法は・・
あるのかな・・。

今年は、貝殻虫の被害が過去最悪で・・・
園主、落ち込んでおります。

2008年10月22日

只今

10/22 ひゃくめこのくらい。
2008年10月19日

亥年

改め
亥月。

田舎育ちの☆ですが、
イノシシを間近で見たことがありませんでした。

しかしながら、今月3頭ものイノシシを間近で見てしまいました!

人生一頭目のイノシシ

今月初め、足利の飛雲窯に窯焚きのお手伝いに行ったときの事。
窯焚きも一段落し、朝、飼い犬のヤギ男の散歩ということで、
童太くんとももちゃんと☆とヤギ男で近所の山林を散歩しておりました。
左側は藪(急斜面)、右側は結構急な杉林。
左側から、藪をカキワケル音がして、
(朝っぱらから山の中で誰が猛ダッシュしてるのかしら・・?なんて思ってました)
いよいよ音が近づいてくると、恐怖を感じるほどの勢い。
その瞬間、直径約80センチ、こげ茶色の大きな弾丸のようなものが、
ズド~ン!と目の前を横切り、右側の結構急な斜面の杉林を、ぐワッサぐワッサぐワッサぐワッサぐワッサ↑と
ミラクルな速さで駆け登っていきました。まさに、猪突猛進。
一瞬のことで、何がどうなったのか・・
というご対面でした。
あと、2メートル先を歩いていたら、撥ねられるところでした。
「びっくりした~、でも熊じゃなくて良かったね。」とお散歩再開。
意外に冷静な二人をよそに、
☆の心臓はしきりに動くのでした。

2頭目
最近、うちの山がイノシシに荒らされていると、園主が、
両郷の狩猟免許を持っているSさんに頼んで、罠を仕掛けていただきました。
昨日、小豆ぶちをしているところへ、Sさんが軽トラックでゆっくり近づいていらっしゃいました。
軽の荷台を見ると、ど~んと茶色い毛をまとった大きな物体が横たわっています・・。
うおおおおおおお~。
一頭目の3倍くらいある大きなイノシシ。
Sさん「60kg以上はあるな~こりゃ、山ん中いろいろやられたわぁ・・。」
    「今年は、山栗やどんぐりみたいのが、豊作らしくて、よ~く肥えたわぁ。」

(合掌)

くんば

3頭目
ここ一週間くらい、「くんば」に水がちっとも流れて来ませんでした。
「くんば」には、山の沢水が流れてきます。
園主が山に行ってみると、沢が崩され、そこいらじゅう湿地になっていて・・。
どうやら、イノシシが山の沢を荒らして、流れを止めてしまったようです。
自分で作った湿地が仇となり、足元を奪われたのか、水が溜まっている堀に頭から突っ込み、
ご落命。園主が土にお返ししました。*☆家では、猪肉は頂きません。

(合掌)

今年は、とても多いらしい。
柿や椎茸、ゆりの根が大好物。
まだまだいらっしゃるような気がします・・

2008年10月18日

小豆ぶち

小豆をサヤから取り出すため、小豆を根っこから引き抜き、乾かして、
棒で叩きます。

陽の当たる柿畑の中で、ちょっと眠くなりながら、
ほっこりした時間が流れます。
・・・・・・・・・

小豆ぶち

・・・・・・・・・が、
さすがにまだ陽射しは暑く、ジリジリ焼けてきます。
そして、乾燥したサヤをバシバシ叩いているため、ホコリが大量に舞い・・
軽く喉が痛い・・。

ホッコリが、ホコリに・・・
(あわわわ失礼)

そして、取れる小豆はほんのわずか。
来年のお饅頭やぼた餅、お赤飯で使い切る量だな・・。

2008年10月17日

いちじくのコンポート

いちじく 鳥に食べられる前に、ちょっと早いのですが、いちぢくを採ります。


アクをとります
アクぬきします。
さとうと水を入れ、コトコト3時間強じっくり火にかけます。

いちじくの甘露煮

ふっくらコンポートのできあがり!

2008年10月13日

きれいな青空でした

青空市場12日(日)に、東京国際フォーラムの中庭で行われた、 青空市場に出展してまいりました。 お天気にも恵まれ、青空のもとで。

毎月行われている市場なので、常連のお客様が沢山いらっしゃるのでしょう・・
スタートの朝10時には、沢山のお客様が。
午前中に売り切れ商品続出!

今回は、茨城のセガレさんと一緒に出展しました。
じゃが・さつま・さと芋、ほうれん草・春菊・水菜・葱・れんこん・・
お米・・他沢山。
今後の農業を支える、柱になってくれそうな
行動力のある熱い方々で、とっても勉強になりました。


天宮農園からは、干しいたけと、おおきのトマト。
12月に販売の百匁柿を飾り、アピールしてまいりました。
干しいたけの調理方法をご紹介しながら、
ホットプレートで、春子ソテーを作って、ご試食頂きました。
試食を、口に運ばれた瞬間、お客様の目が見開き、驚きの表情に。
「美味しい!!」
「え、これ干ししいたけ?味付けは?」

ふふふ。
嬉しい瞬間でございます。


今回も沢山のお客様と直接お話ができて、
とても素敵な市場となりました。
ありがとうございました。

そして、セガレの皆様、☆友の皆様、
今回も、朝早くからお世話になりました。
心より感謝です。
いつもいつもありがとう。

2008年10月 6日

ふたりでひとり

運命とか、宿命があるのだとすれば、
ふたりの出会いは宿命。

ふたりに共通する性質は・・
多分ない。
ないものを補い合っていて。
きっと、もともと一人のひとだったに違いない。

友人を通して
そんな陶芸家ご夫婦に出会えた。
こんなふたり初めて見た。
思い出すだけで、鼓動が早くなりテンションが上がる・・。
何かが起きる気がして。

筒井童太(とうた)

陶器を焼く、窯焚きのお手伝いをしてきました。
1100度以上の超高温を保ちながら、
3日3晩寝ずに薪をくべる。
過酷な窯焚き。

「ただそこにいる」というお手伝い。
ご飯を作って持って行き、みんな食べて、
薪をくべている人を見守るお手伝い。
ふたりに惹きつけられた仲間達が沢山集まり
ふたりを見守る。

(お仕事では)
童太くんが作品をつくり、奥様のももちゃんが支える。
作品はまだ窯の中で、見てないけれど、
童太くんの作品からは、きっとモモちゃんを感じることができるはず。
きっとそうに違いない。

■筒井童太 陶器展■

期間:2008/10/30(木)~11/1(土)
時間:11:00~19:00(最終日は18:00まで)
会場: 渋谷区元代々木町9-2
「ぎゃらりぃ西屋」
 TEL03-5454-1345
最寄駅:代々木上原駅 又は 代々木八幡駅


2008年10月 2日

サボテンの花

サボテンの花

鶴の首のように、花の蕾がにょき~っと伸びてきて、1~2日だけ大きく可憐な花を咲かせます。

このページの上へ