2009年2月27日

どこどこのだれだれさんげの娘さん

最近、少しづつ地元で活動(中)?。
活動といっても、朝市のお仲間に入れていただいたり、
ふれあい直売の見学に行ったり。

「あれ?」
「天宮農園って」
「磯上の☆ださん?とこの娘さん?」

ばれてまう。
「娘さん」って、お仕事しにくい。
一個人の☆ではなく、園主の娘。
俄然、身動きがとれなくなる。
娘の活動に反対している父の娘。
動きにくい。

いやいや。
名前を売りに行くのではなく。
しいたけや、干ししいたけ、他農産物を、
地元でも、「適正価格」で売ることができるように、
直接、お話をして・・・

と、思っても・・
地元の方は、やはり・・
原木しいたけの作り方やら、野菜のことやら
お詳しい。

「みんなが作ってるし安いのが当たり前。」
「農業はもうからないのが当たり前。」
 ↑ これを「当たり前じゃない」と気付いてもらえるためには・・
私は地元で何をしたらいいんだろう。


2009年2月15日

自由な丘

自由が丘に行ってきました。
20代前半の頃、しょっちゅう遊びにいっていた自由な丘。

まさか10年後に、実家の農作物を売りに行くとは・・^^

15日(日)晴れ。風も弱く。温かい一日でした。
沢山の「セガレ」の皆さんと、☆友と一緒に。
予定があって14時頃に帰って来てしまったのですが、
「完売!」とのご報告が。

うれしい。
ありがとうございます。
手伝ってくれた皆様ありがとう。

「セガレ」が様々なマスコミに取り上げられるようになり、
「セガレな気持」が世間の皆様に少しずつ浸透していることを
実感できました。

「NHKに出たでしょ?見たわよ~。あなたのご両親は何を作ってるの?」
とか
☆に「このほうれん草甘い?」と聞いてきたお客様に、「倅」のかってをよくご存知なリピーターのお客様が
「あ、このお嬢さんはしいたけやさんだから、ほうれん草の事はまた別の子に聞かないとだめよ~ね?」
と。

静かに、感動を噛締めながら、
幸先の良いイベントのスタートとなりました。

次は、月末にGYREです。(予定)
是非是非お越し下さいませ!


2009年2月12日

花かんざし

ジュール・リメ・トロフィー?

ジュール・リメ・トロフィー?

ワールドカップのトロフィーに・・

似てないね。

これもしいたけ。

2009年2月10日

old Lantern cafe

old Lantern cafe


old Lantern


囲炉裏と天宮しいたけ

薪ストーブ

那珂川を臨めるプライベートカフェ
様々な方に惜しまれつつ
閉店。

贅沢な「大人の時間」の使いかたを教わりました。

2009年2月 9日

potage

①まづ、ポタージュのペーストを作ります。
天宮の干し秋子(戻したもの)
天宮のボブカットしいたけのイシヅキ
長ネギを
オリーブオイルで香ばしくなるまでソテーする。

コンブだし(ちょっとだけ)
コンソメスープ(ちょっとだけ)
しょうゆ(ちょっとだけ)を
加え、長ネギ、シイタケ、イシヅキに火が通るまで煮込む。

これをミキサーにかける。ペースト完成。

②具の下ごしらえ
ボブカットしいたけを大きめにさいの目切りにする。
オリーブオイルで炒め軽く塩をふる。
しっかり火を通したら最後にバター(ちょっとだけ)をいれる。

③仕上げ
①のペーストに②の具を入れて、仕上げに牛乳を入れて沸騰直前に止めて完成!


これ、かなり贅沢です。
具のさいの目しいたけの食感がたまりません。


2009年2月 5日

ビーフシチューが残ったら

シイタケグラタン

スライスした、天宮しいたけを軽く塩・黒こしょうをしてソテーする。
1.グラタン皿に天宮しいたけを並べる。
2.バケットなどのフランスパン(今日はポンパのチーズバタール)
3.ビーフシチューをのせる。
↑1・2・3を繰り返しグラタン皿いっぱいにして、最後にパルメザンチーズ。
オーブンでこんがり焼けば、天宮しいたけグラタンのできあがり!

ビーフシチューに引き立てられた天宮しいたけ、
この香り、やっぱり主役。

これは、干ししいたけで作ってもまた奥の深い濃厚な味わいになります。


2009年2月 3日

夷様 大黒様

鬼は外!
福は内!
えびす、大黒、福の神!

えびす様・大黒様
このページの上へ