2010年9月29日

盆栽 part2

盆栽 第二弾!

今日は、盆栽にお名前がつきました。


「ヤブコウジの恋」
Pさん


「ヤブコウジの嘆き」
Kさん


「秋てんこ盛り かやくご飯」
Yさん


「ザ盆栽」だったかな・・(訂正のご連絡お待ちしております)
Oさん


約一名様
暴走。
「away」
Tさん

竹までは、面白い!と思っておりましたら、
独り創作活動に入られ、
しまいにはキノコやら葉っぱやらささってました^^

楽しんで頂けて何よりです。

あと一ヶ月もしない間にモミジやツルものは紅葉し、
おうちでお天宮様の小山の秋を
楽しんでいただけると思います。

そして、盆栽の四季をみるたびに
山で感じた空気を思い出していただけたら
これ幸いにございます。

2日間の盆栽イベント、☆も楽しませていただきました。
ありがとうございました。

次回の盆栽イベントは、春にできればな~と思っております。


2010年9月25日

盆栽イベント part1

「さえ木」×隠居の間の盆栽作りのイベント。

午前中はものスゴイ嵐で、このままでは中止しなくては・・
と、不安な気持で空を見上げていると、
なんとか集合時間には小雨になり、
お天宮様にご挨拶に行く頃には雨が上がり、
風も静かになり、盆栽の材料探しにはもってこいのお天気に^^

【本日の作品】
Tさん

Hさん 盆栽


Kさん 盆栽


山をよ~く見て歩くと、沢山の草花があって、四季のお顔を想像して探すと
なかなか選びきれない・・^^
今日は、ヤブコウジ、ホトトギス、モミジなんかが人気でしたね。

さえきさんの丁寧なお教室は、「採って植える事」を目的とするのではなく、
お山から頂いた植物で作った小さなお山たちの手入れやお世話の方法、
これからどう育てていったらいいかを教えてくださる、「植物本位」のお教室。
一本一本を大切に思ってくださり、とてもうれしかった。

お茶の時間には、図鑑をひろげ、植物談義。
「オミナイシ、最近なくなったわよね~」
「彼岸花、今年は遅いわね~」
「あの背の高い黄色い外来種・・手に負えないわね~」

そうそう、みんなが思っている。
みんなが気がついている。
気がついたら、次に進める。
こういう雑談はとても大切な事。
初めの一歩です。
イベントの目的、意味はとくに掲げず
参加してくださった方がどう感じたかで、
そのイベントの意味があとから浮き上がってくる。
そんなイベントを続けていきたい。

でも、なにより、
「楽しい時間を過ごせました」と。
これがなにより。
なによりなのです。

2010年9月16日

秋バテ

柿の木にはりつき、カイガラムシと戦っていると・・
ドスっ!・・・・ボトッ!・・・カサカサドゥフッ!
と音がする・・

大きくなった柿の実が・・ドスドス落ちて行く・・・
ここまで大きくなってからはあまり自然落果しないはずなのに・・

ニュースでも言われている「秋バテ」だろうか。

今年の夏は暑すぎた。

柿だって頑張った。
無理なさらずに落としたらいい。
柿の木は、実の為に頑張りすぎ折れてしまうことがあるので、
こんな年があってもいいのかもしれない。

今年の夏は頑張った。
生き物み~んな頑張った。

無事に、収穫でき、無事に渋が抜け、
頂く事ができる柿には、手を合わせたいと思う。


百匁柿(ひゃくめがき)は、11月収穫、12月販売予定です。


2010年9月14日

下見

今日は、さえきさんと、裏山の下見。
今、どんな草木がどんな状態なのかをチェック。

今まで見ていたけど、名前がわからなかった植物、
何種類か覚えました。

つるりんどう。
つちあけび。
・・
ん・・

ほととぎす。
ん・・

・・

ヒメフ・・

・・フキ

みずひきそう。
ぎんみずひき。
きんみずひき。


覚えは悪いけど・・
楽しかった~

このページの上へ