2011年1月 2日

新年あけましておめでとうございます

元旦は天宮神社に初詣。
静かでゆっくりと新年がスタートしました。

昨年も沢山の方に支えられ、
夏に隠居の間をOPENすることができました。
農園としては、厳しい年となりましたが、
皆様の励ましのお言葉に救われ、また今年も続ける事ができそうです。
どうぞ本年もよろしくお願い致します。

今年一年は、ゆっくりじっくり
今後の農園を思い描きながら、
現実的に歩いて行ける道を探していきたいと思っています。

様々な理由があり、様々な思いがあり、
あと数年で、天宮農園も大きく変化しなければならない時期になってきた気がします。
どういう形になっていくとしても、私の思いは「はじめに」の思いのまま。

TPPがどうの、日本の農業がどうの、自給率がどうの、天宮農園が農業を続けていくかどうかなどではなく、
「この景色、ゆったりと流れるどこか許されるこの空気、豊かな郷をこのままに残していく」事が目的。
その手段として、農作物を作り続け、山の手入れをする。
農作物を作り続ける為に、農業として生計を立てられるよう、適正価格で販売をする。
それでも続けられず、この土地からヒトが居なくなってしまうのであれば、
最後は、管理しなくても自分ですくすく育つ自然になるように木を植えて、自然にお返しできるよう力を尽くしたい。

もう、人間本位に生きる時代は終わりにする時期が来たようだ。
ヒトも自然の一部という事を思い出す時期が来たのだと思う。

何かが動き始めるそんな年になる気がする。

さ、新年早々壮大なお話はこのへんにして、

私個人の今年のテーマは・・
「準備」
天宮農園のこの先を考える時間と
隠居の間のバージョンアップ計画の準備に時間を割きたいと思っております。

ちょこちょこイベントに参加したり、企画したりはする予定ですが、
基本は、「準備中」
今年の秋以降からは、隠居の定期的な営業日を設定していこうと思います。
それまでは、引き続きご予約制にさせていただきます。
ネットSHOPは常時営業中ですので
本年もどうぞよろしくお願い致します。

このページの上へ