2011年2月15日

春子の輿入れ

瓶に装うタイプ

大事に大事に育てた春子を、お嫁に出すとき、
そのままの姿では、春子も心細いかと・・。
いつもお側に仕えしていた侍女(椿、杉、松、ねこやなぎ、柿・・など)たちを艶やかに装わせ
お供させます。

結婚披露宴の会場のお酒のボトルに。
ドラジェに、もちろん引き出物に。
ホワイトデーにワインを贈るとき。
クリスマスリースとして飾り、御節に春子をはずして使ったり。
お正月のおとそに飾り、節分の春子を召し上がれ。

ミニブーケ風にしたり、ドラジェにしたり、いろいろ対応できますので、
ご遠慮なくご相談ください。
お時間がある方は、隠居で一緒に作る事もできます。

春子2010の在庫が少なくなってまりましたので、
4月分までの大量のご注文は対応できない場合がございます。
ご相談ください。

春子の輿入れ

↑は、「オヤジナカセ」を贈るとき。
春子と侍女たちが花を添えます。


このページの上へ