2011年2月 9日

染 some

この季節、果樹の剪定枝が畑にたくさん。
早めに、水に浸けて暖かいところに置いてあげれば、
今頃、お家の中でいい香りの花を咲かせてくれる。

まだまだ生きている枝、最後に一花咲かせてあげたい。
だからと言ってそんなに沢山家の中に入れられない・・
この季節になると・・毎年考えている。

去年、友人がすもも枝でショールを染めてくれた。
ピンクがかった柔らかな黄色。
枝の力をこういうふうに残せるのは、とても嬉しい。

そこで。
友達をよんで、みんなで染物のお試し会。


まず、各畑から、梅、すもも、柿、ももの枝を拾ってきて、細かく切り、さっと洗ってグツグツ煮出す。
umenoeda

一度濾して、もう一度ぐつぐつ二番だしをとる。
kosu

真っ白なさらしに模様の細工。
こ、これは・・・楽しすぎる・・・

ビー玉、輪ゴム、お箸、クリップで・・細工中


細工をしたら、染まりやすいように処理をして・・
さっきの煮汁に浸けて、モミモミ丁寧モミモミもみもみ。

「これ染まってる?あんまり色が入らないね・・」
「もも・・なんか緑の液だね・・」
「梅は色が濃いね~」
「あ、梅に変更しようかな・・」
「あ、これ沈んでて・・もみもみしてない!」
「トウモロコシの芯の匂いが・・」

みんなで、バケツに手を入れて・・
もみもみもみもみ。

そうろそろいいんでないの?

そしたら、
みょうばん水?につけてモミモミ。
あとは流水ですすいで細工を解く。


第二の盛り上がりはここでした。

結構、淡い色なので、あまり模様つかなかったかな・・・と
細工をはずすと!
まぶしい真っ白なさらしの色で、くっきり模様がついている!!!
おおおおおお~↑

それではみんなの作品を、使用前使用後で。

「ドット」
使用前(ドット)kao 

            ↓

ドット

           
「おさげ」
竹 kayo

                     ↓

おさげです 


「思いのままに」
思いいのままに

                      ↓

思いの他すてきじゃない!

こんなものも染めてみた。
いろいろ染めたよ


色比べ。
梅・もも→梅・もも

左から
1.純粋な梅
2.ももから梅へ心変わり
3.純粋にもも


枝拾いからすべて通すと長丁場。
イベント化したいけど、要検討。^^

このページの上へ