2011年7月19日

摘果

7月13日から、母と二人で柿の摘果。
暑い。あつい。
そして、二人では一向に進まない・・・
特に、今年は実生りがよく、一枝にみっちり付いているものだから、
余計に進まない。

いつもは、ご近所の大先輩方にお願いして、一斉に始めるのですが、
70歳超の大先輩方は、無農薬両郷米の田の草取りで、引張りダコ。
こっち終わったら、誰々さん家の田んぼ、その後は誰々さん家、
それが終わったら・・・・・と大忙し。
ご自分の田んぼや畑の手入れも出来ずに・・

「この猛暑の中の田の草取りを思えば、どんな作業だって
楽ちんだ~。」と皆様口をそろえておっしゃいます。
「高齢者だから出来たんだ。」と笑っていらっしゃいますが^^;。
全くもってそのとおり。頭が下がります。

未だ、軟弱な私には・・とうてい出来ない仕事だなと・・・。
田の草取りをあんな暑い時間帯にやらされたら・・
人生初の救急車に沙汰になる事間違いなし。
って。情けないけれども・・。

木の下(たまに上)での摘果なんかで、ねを上げていてはイカンのです。

とは言っても、大先輩に頼るしかなく、
一昨日から、5名の大先輩方に御世話になっております。
やっぱり、大人数でやると早い。一本の木に掛かる時間が短いと、
すごく進んでいる気がして、気持も体も楽に感じます^^
大先輩さま様です。

今日は台風の影響で雨なので、お休み。
大先輩方も、連日のキツイ仕事で疲れたお体を
ゆっくり休めるにはいい日になったかなと思います。

台風が通過次第、またまた御世話になります。

このページの上へ