2010年5月 7日

オヤジナカセ

「オヤジナカセ」
それは、兵庫の米農家のセガレ(アツシ氏)と、茨城の酒蔵のセガレ(ヒロセ氏)の出会いから
出来上がったお酒。

セガレのアツシさん(以降あっちゃん)と出会ったのは、もう・・
そろそろ2年前になってしまうのか・・

小雨の降る渋谷の街で、しゃぶしゃぶを食べながら、かなり深く自己紹介をしあった。
初対面で、詳しい家族構成付属話まで。^^

あっちゃんのお父さんと、うちの園主はどこかキャラが似ている・・と思った。
東京に出てきてから、その「オヤジ」に対する心境の変化まで似ていた。

なので、
あっちゃんのお父さんには、勝手に親近感を覚えている^^

そんなお父さんが作った山田錦で、
男気溢れる杜氏のヒロセさんの酒蔵
白菊さんで「大吟醸・オヤジナカセ」は誕生した。

お酒ができるまでのお話はコチラ→http://www.oyajinakase.jp/blog/story/

(涙なしでは読めませんでした)
第13話の写真の笑顔を見て・・また一泣き。

そして早速購入。
しいたけの菌入れが終わったら、
「オヤジナカセ つぐよ」を一緒に飲みたいと思っています。
あっちゃんのお父さんほどではないけれど・・
いい顔してくれる気がします。

きっと、そんなお酒。
楽しみです。

ふと、☆が頑張る事で、
いつか園主をこんな笑顔にする事はできるのだろうか・・。

孫とか・・見せないと・・してくれなそうだな・・^^;

2009年2月15日

自由な丘

自由が丘に行ってきました。
20代前半の頃、しょっちゅう遊びにいっていた自由な丘。

まさか10年後に、実家の農作物を売りに行くとは・・^^

15日(日)晴れ。風も弱く。温かい一日でした。
沢山の「セガレ」の皆さんと、☆友と一緒に。
予定があって14時頃に帰って来てしまったのですが、
「完売!」とのご報告が。

うれしい。
ありがとうございます。
手伝ってくれた皆様ありがとう。

「セガレ」が様々なマスコミに取り上げられるようになり、
「セガレな気持」が世間の皆様に少しずつ浸透していることを
実感できました。

「NHKに出たでしょ?見たわよ~。あなたのご両親は何を作ってるの?」
とか
☆に「このほうれん草甘い?」と聞いてきたお客様に、「倅」のかってをよくご存知なリピーターのお客様が
「あ、このお嬢さんはしいたけやさんだから、ほうれん草の事はまた別の子に聞かないとだめよ~ね?」
と。

静かに、感動を噛締めながら、
幸先の良いイベントのスタートとなりました。

次は、月末にGYREです。(予定)
是非是非お越し下さいませ!


2008年12月11日

農(みのる)くんちのラ・フランス

ラ・フランス シルバーベル 届いてから、じっとまっています。 この子達が熟すのを。 熟すまでは常温で。熟してからは冷蔵庫で保存。 うちの常温は・・冷蔵庫より低い。 全く熟す様子が伺えません・・。

山形からやってきました。
セガレの農くんちのラ・フランス。
一緒に届いたリンゴはすぐに食べてしまいました。
イキイキした瑞々しいりんご。
甘さが溢れ出た蜜がおいしい目印。
うん。おいしい。

先月のイベントで一緒だった
セガレの福島の藤田くんちのリンゴも美味しかったなぁ。
パイナップルの香りがしたよ。
パインアップル。
なるほど・・。

ラフランス、シルバーベル、
沢山あるから・・タルトにでもしようかな・・
シャンパンのムースともよく合うのよ。
そろそろクリスマスだしね~
あ・・火を通すのは勿体ないな・・
毎日、食べ方を考えては、ニンマリです。

この待ち時間が楽しいのもです。^^


天宮農園の百匁柿も、収獲してから2週間以上待たされます・・
この二週間が楽しみだったり、心配だったりするのです。

只今、百匁柿販売中です。
お届け日時指定承れます。

ご注文はコチラから→http://tenguu.shop-pro.jp/

2008年11月 2日

「GYRE地下一階で新鮮なお野菜売ってまぁす」@表参道

「農家のセガレが、野菜や果物を売ってまぁす」
「おやじの野菜をよろしくお願いしまぁす」

(笑)

あんな、街中で大声出したの初めてです。^^
主催者側ではなく、なぜか出展者本人達も呼び込みの為、
表参道をねり歩きました^^

シャネルやらブルガリやらが入ったビル、間接照明のB1Fで、
生演奏をバックに野菜や果物を売る不思議体験。

わざわざ足を運んでくださったお客様、ありがとうございました。
またいつか、どこかの市場でお会いできる事を楽しみにしております。


2008年10月13日

きれいな青空でした

青空市場12日(日)に、東京国際フォーラムの中庭で行われた、 青空市場に出展してまいりました。 お天気にも恵まれ、青空のもとで。

毎月行われている市場なので、常連のお客様が沢山いらっしゃるのでしょう・・
スタートの朝10時には、沢山のお客様が。
午前中に売り切れ商品続出!

今回は、茨城のセガレさんと一緒に出展しました。
じゃが・さつま・さと芋、ほうれん草・春菊・水菜・葱・れんこん・・
お米・・他沢山。
今後の農業を支える、柱になってくれそうな
行動力のある熱い方々で、とっても勉強になりました。


天宮農園からは、干しいたけと、おおきのトマト。
12月に販売の百匁柿を飾り、アピールしてまいりました。
干しいたけの調理方法をご紹介しながら、
ホットプレートで、春子ソテーを作って、ご試食頂きました。
試食を、口に運ばれた瞬間、お客様の目が見開き、驚きの表情に。
「美味しい!!」
「え、これ干ししいたけ?味付けは?」

ふふふ。
嬉しい瞬間でございます。


今回も沢山のお客様と直接お話ができて、
とても素敵な市場となりました。
ありがとうございました。

そして、セガレの皆様、☆友の皆様、
今回も、朝早くからお世話になりました。
心より感謝です。
いつもいつもありがとう。

2008年7月13日

青空な市場となりました

青空市場 by山口裕朗撮影:写心家 山口裕朗


本日は、暑い中、青空市場までおこしくださり、
誠にありがとうございました。

HPを見ていらっしゃって頂いたお客様、久しぶりにお会いできた皆様方と、
お顔を合わせてお話ができてとても楽しい時間が過ごせました。

梅酒キットを買ってくださった、皆様、梅酒はもう漬けられましたか?
皆さんどんなお酒でつけられたのかな~?
お一人おひとり、お顔を思い浮かべています。^^
直接お顔を見て、お話して手から手へお渡しできることは、市場の醍醐味です。
こうやって余韻も楽しめる。

うちの春子は、どんなお料理になって、食卓に並ぶのかな・・
試食でお出しした、春子ステーキ、作ってくれるかな~。

市場、癖になりそうです。
また、参加させていただきたいと思っておりますので、
皆様、また数ヶ月後、お会いいたしましょう!


みなみなさまのおかげさま

そして、今回、市場に誘ってくださった、「倅(セガレ)」の皆さん、前日から、お世話になりっぱなしの、☆友の皆さん、いろいろ書きたいことはあるけど、何を書いても伝えきれない気持を一言に。

心を込めて「ありがとう」。

☆は幸せものです。

2008年7月10日

aozora

完熟手前の梅で梅酒を漬けよう!13日の青空市場の準備をしています。 イベントとは・・案外準備が大変なんですね・・。 でも、何だか楽しい事になりそうです。


セガレブースでは・・
・ゆできび(焼きとうもろこし?)
・一本まるまるキュウリの浅漬け
・ブルーベリー
・梅酒漬けキット(限定20個くらい)
  *☆が、‘初めての梅酒作り‘のデモをやります。
   梅酒つけてみたいと思っていらっしゃる方!お早めに起こし下さい。
・干し春子(干しいたけ)
  *お中元の受付も致します。
                         etc・・。

お客様とゆっくりお話できるイベントにしたいなと思っております。
是非、銀座にお買い物~ついでに立ち寄ってください。

お待ちしております。^^


2008年6月25日

倅(セガレ)

hato 先日、「倅」のアツシさんにお会いしました。 「倅」とは・・→http://www.segare.jp/

「農家を継がずに、東京で働く農家の息子(セガレ)のユニット。農家を継いでいない後ろめたさを抱えつつも、東京にいながら農業のため地元のためにできることはないかと日々、新しい農業とのかかわり方を模索中。」な彼ら。

平日は仕事をしながら、休日は「セガレ」として活動中。去年まで、東京で独り悩みに悩んでいた☆としては、「セガレ」の気持は手にとる様に分かるのです。そして、都会の生活、田舎の生活、都会の性質、田舎の性質、両方を知っていて、そこにある大きな距離感を知っている私達の悩みは一緒。見事に一緒。関東だろうが、関西だろうが、同じなんです。
初めてお会いした彼は、☆の心と頭にいつも停滞している言葉を、今まで誰にも理解して貰えなかった言葉を、さらりと言ってくれた。そして、☆が今まで誰にも行ったことのなかった大きな夢を、彼はあっさり口にした。
嬉しかった。HPではストレートに表現していない(?)、彼らの真剣で誠実な思いが伝わり、そんな「セガレ」の皆さんと、同じ方向を向いて頑張っていきたいと思いました。

今後、「倅」の活動に、参加させて頂くことがあるかもしれません。
そこで、まだお会いしたことのない「倅」の皆さんや、天宮農園のHPをご覧頂いているユーザーの皆様にお会いできたらと思います。今まで、一度も更新していなかった、「催しのご案内」もたまにチェックしてくださいね。


このページの上へ