2008年10月26日

山のあわび!

山のアワビ販売中。
↓写真をクリック!

干し春子

2008年10月22日

ステーキのススメ。

しいたけをステーキに!

食欲の秋! ステーキ用干しいたけ他、特別価格にて販売致します!

冬を迎えるにあたり、秋には沢山蓄えようと・・、食欲が湧いてきます。

今日は、その食欲にお応えするべく、スゴイしいたけをご紹介いたします!

ステーキ用のしいたけは、お得意様がいらっしゃるため、単品ではご紹介してまいりませんでしたが、今年は、少し残りましたので、特別に販売させていただきます!

しいたけのステーキ?しかも干しいたけ?と、お思いでしょう。

青空市場でご試食を召し上がった方は、覚えてらっしゃいますね?あの芳醇な香り、まろやかな甘み、しっかりした旨み。

そして、山のあわびとはこのシイタケの事。
厚み、大きさ、食感・、噛むほど味わい深く香りが広がる。蒸して、冷ましてお刺身のようにお醤油をつけて・・・まさにアワビ。あぁ。食べたい。

食べたくなった方はコチラ→http://tenguu.shop-pro.jp/?pid=10341242

*特級品 大・中も特価中です!

山のアワビ

レシピも一緒にお送りいたします!
が、もう一度天宮農園の干し春子の戻し方のおさらいです。

自然育ちの肉厚干しいたけの戻し方には、ポイントがあります。
①よ~く洗い、ホコリ、ゴミを取り除く(雑味の原因になります)
②30分たっぷりの冷水で浸水したら、一度水を取り替える。(初め雑味がでるので捨てます)
③必ずたっぷりの冷水で(冷蔵庫でじっくりゆっくり戻します。
(細胞の角までゆっくり水を浸透させると、最大限の旨みがでてきます)
 *肉厚の為、12時間以上はかかります。
いしづきまで柔らかくなるまで戻します。
おいしいお水で戻してくださいね!
⑥たっぷりと濃厚なお出汁がとれますので、一度沸騰させて
 少量ずつ冷凍させておくと、1枚のステーキ用しいたけから、
 10品分くらいのだし汁がとれます。
 *出汁はかなり濃厚なので、ほんの少し入れれば、
  普段の煮物、お鍋、味噌汁、パスタ、ビーフシチューなどが
  格段おいしくなります。入れすぎると、料理全体が
  しいたけの味にもっていかれますのでご注意を。

このページの上へ