2011年6月15日

杉林渓龍鳳狭高山茶(青茶=烏龍茶)

烏龍茶

梅ジュースが出来上がったら・・・
お茶を濃い目に淹れて、冷蔵庫で冷やす。
ちょっと疲れたな~癒されたい・・・・な時に、
冷やした梅シロップに冷やした杉林渓(さんりんけい)を注ぎ、
お好みで氷を浮かべます。
深い山林に囲まれ、マナスイオンを浴びているような癒され感です。
飲み終わっても、鼻から抜ける息が甘く深い香りの余韻で
ゆっくり寛げます。


【ウメシロップを割る際の濃い目に淹れる方法です】
杉林渓龍鳳狭高山茶の淹れ方

*ご自宅にある茶器出来るだけ小さいものを用意する。(日本茶の急須や、紅茶用のTEA POTでOKです。)

1、お手持ちの急須の容量を確認し、必要な茶葉の量を準備する。《130㏄で5g程度》
2、急須を温めてから茶葉を入れる。
3、95~100℃の湯を注ぐ。茶葉の開きを良くするため湯を急須の上からかける。
4、1分蒸らす。※2煎目は1分半蒸らす。
5、茶漉しで漉す。
1~5を繰り返し、2煎分を冷蔵庫で冷やす

*3煎目からは、そのままお楽しみください。本場では味がなくなるまで楽しむそうです^^

ウメジュース用青梅と「杉林渓」のセットは→http://tenguu.shop-pro.jp/?pid=32387506

このページの上へ