農園の恵み

原木しいたけ 2月~3月

もちろん無農薬!原木しいたけ しいたけハウス

最近、TVなどのマスコミで注目を集めている「しいたけブラザーズ」さんにより
原木しいたけが注目されています。
現在、国内市場の原木シイタケが占める割合は、約全体の一割。
九割は菌床栽培しいたけです。


原木椎茸ができるまで・・
①園主が山に入り、チェーンソーでクヌギやナラの木を切り倒し、組み立てやすい長さに切断し、原木を準備。
②準備した原木に、ドリルで穴をあけ、しいたけ菌をトンカチでトントン菌入れします。(菌入れをした原木をホダ木といいます)
③ホダ木を1年半~2年間以上、外で雨風にあて、じっくり「椎茸菌」をホダ木中に行き渡させます。
④2年後、ホダ木を、水槽に浸し、少し暖かい、しいたけの家に運び、きっちり組み立てます。
⑤しいたけがひょっこり顔を出すまでじっと待ちます。
(あまり、温度を上げすぎず、じっくり育てるのが園主のこだわり)

自然物よりは少し小さめの時に収獲しますので、フライや、おでんの具にお薦めです。
てんぷらにしても絶品!
水分が多くジューシーなので、揚げ物をする際は、お気をつけてくださいね。


秋子 (自然栽培 原木椎茸) 10月~12月

秋子2009


実りの季節に、にょきにょき出てくる原木しいたけ。菌入れをしたホダ木を山の中に並べてから、2年以上、雨風、雪、猛暑に耐え、じっくり、じっくり育ちます。冬を越えた深い味わいの春子とはまた違った、夏の元気が濃縮されて、口の中で甘さと香りが弾けます。
塩を付けて、ホイル包み炭火にかけるとジュワ~~っときのこ汁が溢れてきます。味付けは塩のみで。
これまた、ヤミツキになってしまいます。
当農園の秋子は10月~12月の期間にほんの3日~一週間ほどしか収獲できないしいたけです。


秋子2009-2


ここ最近、秋子の出る時期がまちまちです。秋に出るので「秋子」と名づけましたが、去年(2007年)は「秋子」は出ず、
1月の極寒の中出てきました。少量だっため急遽、「冬子」として、「お裾分け販売」をさせて頂きました。
気候まかせの自然ものですので、その年により「秋子」は「冬子」になるかもしれません。

秋子2009-3

すもも (貴陽 ソルダム) 8月


すももの花はみっちり咲きます
ただいま、すももの木がすくすく育っています。
皆様にお届けできるには、、2年くらいかかるかな・・。
園主が我が子以上に大切に育てています。期待の星です。


5月
5月 

百匁柿(ひゃくめがき) 11月末~12月中旬

フルーティーな香りで歯ごたえはカリカリ!重さ百匁(375g)以上にもなる大きな柿。甘百匁の品種はそう珍しくありませんが、この地域の気候では寒すぎて、本来甘柿なのに渋が抜け切らないのです。その為、2週間程じっくり樽抜き(焼酎をふりかけ、密閉をして渋抜き)をします。甘柿の渋を抜く事は大変難しく、長年の試行錯誤でやっと成功しました。天候の影響を大きく受ける為リスクも高く、収穫量の半分しか販売できないときもあります。
20071106-1.jpg
とてもデリケートな柿ですので、収穫してすぐ出荷できる柿と比べて日持ちがしません。
そのためデパート、スーパー、青果物屋さんでは扱いにくく、店頭に並ぶことは、ほとんどないのです。きっと初めての出会いになるはずです。


6月開花
柿の花

7月摘果


11月収獲・樽抜き

12月販売

梅(白加賀) 6月

梅の花(開花4月)

青梅は梅酒やウメジュース、カリカリ梅漬け、煮梅にどうぞ。さわやかでドライな味わいです。少し熟した梅は、梅干し、コンポート、ジャムに、マイルドであま~いすもものような香りが漂います。


5月
5月初旬


6月

収獲・選別

7月
完熟梅


干し春子 (干しいたけ)5~10月

干し春子

寒い冬をじっと耐え、春を感じて、じっくりゆっくり育った自然栽培の原木しいたけ’春子’。

厳しい環境でじっと耐えた証拠に、傘に亀裂が入っています。「花が咲いた」ように見えることからどんこよりも更に高級食材の「花どんこ」、「花こうこ」となります。

このクラスの干しいたけは、市場に出すと、そのまま無条件で高級料亭・ホテル・旅館に流れます。今や貴重品となってしまった原木しいたけ自然栽培の干しいたけの最高峰。

春子 (自然栽培 原木椎茸)  4月 

寒子・春子


春の自然栽培しいたけを春の子と書いて「はるこ」と呼びます。山の中で寒い冬をじっと我慢してきた分、温かくなった途端パワー全開!!肉厚で味も甘く濃厚!厚めにスライスしてキノコステーキが最高です!手間ひまかけてやっと顔を出す原木しいたけの味をご堪能ください。


自然栽培しいたけの原木

このページの上へ